極めし刀の光輝に酔う

極修行から帰ってきた薬研藤四郎に、今までと違う雰囲気を感じて惚れ直しながらも一抹の不安を覚える燭台切光忠。そんな光忠に、薬研は大将以外に話せなかった本音をぽつりと漏らすの
detail