夜半の通い路

近いようでいて、手を伸ばせばするりと躱す、そんな青江が夜な夜な石切丸の元を訪れるようになる。それでいて朝になれば青江の態度はまたいつも通り。それにだんだんと業を煮やした石
detail