Dear

勇ヴィク小説本。ずっと憧れていた神様のようなヴィクトルが普段は酔っ払って醜態を晒したりするような人間らしさもあると知り無意識のうちに勇利は憧れの感情から次第に恋情へとその
detail