水鏡の色彩

人の器を得て顕現した蜻蛉切と御手杵。本丸での日々を過ごしていた春も終わりかけた夜、奇妙な夢にうなされる御手杵とそれを知ってしまった蜻蛉切は。いちゃいちゃはぴえんです。
detail