離れずにそばにいて

長谷津に近い人口の少ない島に一人で暮らす勇利は、ある夜に浜辺で銀髪の外国人を拾った。彼には記憶がなく、ここに置いてほしいという。人との接触を嫌がる勇利だったが、彼との生活
detail