ひとつ足りない

ようやく迎えた初めての夜、一期は苦しいながらも光忠を受け入れることが叶って幸せだった。けれどそれ以来光忠からの夜の誘いがなくなってしまう。つらい思いをさせたくない光忠と、
detail