孤独の苑

髭切と女審神者の過ぎ去った春の物語。連隊戦以前、水時計をひっくり返しながら過ごしていた髭切が待ち詫びたものとは。シリアスでせつなめ。僅かにダーク。
detail