君と僕の逃避行

「雨だけが、僕らの行方を知っていた。」艦娘として戦えなくなった時雨を解体される前に連れ出した提督。逃避行の途中、立ち寄った旅館で身体を重ね愛し合う二人の未来は何処に――。
detail