anone ettone

疲れて帰宅したある日、環に頭を撫でられた壮五。その出来事が忘れられず、もう一度環に頭を撫でてもらおうとする壮五であったが――……。
detail