だって、でも、なんで。

その手があまりにも優しいから、そんな風に触れられる覚えのないボクは、ボクが二振目じゃないかと思うんだ―声にするよりも触れることの方がずっと容易い言葉足らずな2人の気持ちが
detail