乱される熱の矛先

前戯が丁寧過ぎる大倶利伽羅くんに気を遣われていると勘違いした光忠が、出陣した面子に飲み会しながら相談したら、お酒に酔った勢いで愚痴った挙句うっかり大倶利伽羅くんに媚薬を盛
detail