かみはしんだもういない

ヴィクトルに恋をした勇利。ある日、彼が滑るところを目にして、自分にとってヴィクトルは神様だったことを思い出してしまう。
detail