桃李言わざれども下自ずから蹊を成す 下巻の中

土方歳三と同姓同名の男審神者と山姥切国広のネガティブ主従小説本。和泉守らに歳三の名前が知られた一方で、山姥切はこんのすけより歳三の特殊な霊力について明かされる。それは想像
detail