落陽のきずな

元治元年、九月。沖田を心から慕う幼い女の子との関わりから、沖田と斎藤が一緒に料理したり、秋の夜長のあれやそれやでお互いへ抱く思いと覚悟を深めていくお話。※表紙イラスト:高
detail