すきのすの字もいえないくせに

喧嘩をした山姥切が三日月の元から逃げ出す話です。
detail