刻みつけたくて

若い頃の冴島は、煙草・刺青と何かと真島より先を行っていた。刺青が刻みつけられた冴島の見慣れない背中に対して、真島は「冴島の背中が嫌いだ」と子供じみた嫉妬心を向ける。
detail