火花 (上)二

燭台切に体を拓かれ肉体を意識する長谷部。そんな折、熱望していた主と対面する機会が訪れる。「火花(上)一」の続きです。何でも大丈夫な方向け。
detail