さよならをまちながら

自分の思うとおりにしようと思い、勇利のもとにやってきたヴィクトルが、年下の一途な勇利の感情に動かされ、本当に好きになるまでの話。ハッピーエンドです。
detail