ふれてはじいて抱きあって

恋仲である三日月宗近に、山姥切国広が不器用ながらも甘えるお話です。
detail