三途の川は渡らない

センバツ後、家でごろごろしていた一松。そこに帰ってきたチョロ松の背中には霊が憑いていた。突然旅に出ると言い出したチョロ松を心配し、ついていくことにした一松だが…。四男が色
detail