那由多の想いは旭日の上に―。

detail