月立つ夜の、匣庭がたり。

仲間である三日月への愛憎を拗らせ苦悩する山姥切と、そんな山姥切を歪だと揶揄しながらも執着する三日月――。箱庭がある本丸でみかんばが繰り広げる、爛れた恋愛の話。R18。
detail