てと、てと、て。

ある日突然タクミに手を触られる創真。その日からタクミの手のことが頭を離れない。タクミの行動は少しずつエスカレートしていき、ついには創真の手を口に含むように…。料理人の商売
detail