五月の月が沈むまで

病気療養のための屋敷を一人抜け出そうとする半兵衛。その向かう先は……。シリアスですがバッドエンドではありません。
detail