世界最後の告白を

― ああ、世界は終わるのだ。嵐の去った朝、水に沈んだ島で一騎は総士に告白をした。「俺、死ぬんだって」告げられた余命は、あと五年。「だから、俺と付き合ってほしい」と。
detail