我が意の下に跪け

昌浩のちょっとした悪戯心で縛られたあわれなもっくん。本性に戻っても拘束が解けない彼に、恥ずかしがりながらも昌浩は自ら…。
detail