鳴かぬ蛍が身を焦がす

抱いて貰えればいい留三郎と、留三郎のことをずっと好きだった文次郎のお話。冒頭、モブ食満シーンがあるので注意です。
detail