不器用なぼくたちは

「おれの『好き』は、恋愛対象としての『好き』なんだ」突然田沼に告白された夏目。自分の好意は、恋愛なのか友情なのか。悩んだ先に、彼が出した答えは――。
detail